2018シーズンのフィナーレ「志賀高原」-SKYシリーズ最終戦-

10月20日(土)、長野県山ノ内町で開催される「志賀高原エクストリームトレイル」は、全4戦で構成される2018 Columbia Montrail Skyrunner® Japan Series(SKY CLASSICシリーズ)の最終戦となります。

2018シーズンのフィナーレの地となる高原に、全カテゴリー合わせて約800名の山岳ランナーが大集結します。

2018 Columbia Montrail Skyrunner® Japan Series(SKY CLASSICシリーズ)は、世界各国で開催されているスカイランニングの国別シリーズ戦(Skyrunner® National Series)の日本版となります。5月の「上田」、6月の「びわ湖」、7月の「富士」、そして「志賀高原」の全4戦のうちの3戦(+地域選手権)の獲得ポイントでシリーズ年間ランキングが決定されます。暫定では、男子1位に吉田岳生(Takeo Yoshida)、女子1位は高村貴子(Takako Takamura)となっています。

2018シリーズでは、「総合」だけでなく20~60代の年代別である「マスターズ」のランキングも決定されます。60代男子は内田正直(Masanao Uchida)、女子は須藤吉仕子(Kihisko Suto)。50代男子は安藤雅夫(Masao Ando)、女子は折戸小百合(Sayuri Orito)。40代男子は吉田岳生(Takeo Yoshida)、女子は田中真紀(Maki Takaka)。30代男子は宮川朋史(Tomofumi Miyagawa)、女子は桑原絵里(Eri Kuwahara)。10・20代男子は遠藤健太(Kenta Endo)、高村貴子(Takako Takamura)が暫定1位となっています。なお、最終戦の結果を受けて、各年代のシリーズ第1位の選手にはチャンピオンビブが贈呈されます。